セルフケアで美しい髪を目指そう

取り入れた潤いが逃げてしまわないように工夫する

オイルケアで髪の毛にふたをする

お風呂上がりの髪の毛は乾かすのが面倒であったり肌のケアを優先してしまって乾かすのが後回しになってしまいがちです。
しかし、髪の毛も肌と同じたんぱく質で、お風呂から上がるとどんどん水分が抜けて行ってしまいます。
また、ドライヤーで髪の毛を乾かしている間にも水分が必要以上に抜けてしまうこともあります。
そういったことを防いでくれるのがヘアオイルです。
ヘアオイルはドライヤー前の濡れた髪の毛に使います。
軽く水気を取った髪の毛にヘアオイルをつけることで、オイルが水を通さない蓋になってくれるため髪の毛から水分が抜けてしまうのを防いでくれます。
特に水分の抜けやすい毛先から全体的にヘアオイルをつけることをおすすめします。

ドライヤーの前にできること

ドライヤーは熱を髪の毛に与えるため、多少なりともダメージになってしまいます。
そのため、ドライヤーをする前にタオルドライである程度乾かしておくことをおすすめします。
しっかりタオルドライをしておくことはドライヤー時間の時短になってケアも楽になると感じられると思います。
また、タオルドライの前やドライヤーをする前に髪の毛を木や毛などの柔らかいブラシで整えておくとより乾きやすくなりますし、髪の毛の絡まりも取れて傷みにくくなります。オイルケアのときにも少量で全体にいきわたるため適切な量を塗布することができます。
また、ドライヤーは水分の抜けやすい毛先からかけるのではなく、髪の根元からかけるようにしましょう。
髪の根元はとくに水気がたまりやすく乾きにくい箇所ですが、この部分を乾かしておくと毛先の方にも熱が伝わりより早く乾きますし、水分の抜けやすい毛先に余分な熱を与えずに済むため傷むのを防ぐことができます。


この記事をシェアする